ホ・オポノポノでクリーニングするやり方。ネガティブな想いが浄化される

ホ・オポノポノと呼ばれる、ハワイに伝わる癒やしの方法があります。それは何かというと、4つの言葉で自分の心を浄化するメソッドのことなんですね。 

潜在意識を使って願望を達成しようと思っても、上手にいかない人はたくさんいるはず。

どうやっても願いが叶わない人は、潜在意識との伝達部分(パイプ)が詰まっていると考えられます。

願望をスムーズに伝えるために、潜在意識のパイプ詰まりをクリーニングする必要があるんですね。

そのための方法が、ホ・オポノポノなのです。

ホ・オポノポノでクリーニングする

ホ・オポノポノの方法はとても簡単。4つの言葉自分の内面に向かって唱えるだけ。

  • ありがとう
  • ゆるしてください
  • ごめんなさい
  • あいしています

言葉の順番は上記の通りでなくても構いません。しっくりくる順番で行ってください。

そして4つの言葉を唱え続けるのです。

声に出す必要もありません。自分の内面に向かって祈り続けてください。

唱えるときは感情を込めなくても問題ありません。ただ4つの言葉を唱えればいいだけです。

そうすることで、潜在意識に刻み込まれたネガティブな想いが浄化されていきます。

潜在意識が浄化されると願望が伝わりやすくなり、願いが叶いやすくなるんですね。

ありがとうだけの場合

ホ・オポノポノの言葉には、「ありがとう」が含まれていますよね。

ありがとうといえば、スピリチュアル界隈では小林正観さんが有名です。

小林さんは「ありがとう」を唱え続けることで、あらゆる奇跡が起こるとおっしゃられているお方。

小林正観さんは、2011年に亡くなられています。多くの講演を行い、何冊ものベストセラーを世に送り出した著作家ですので、どこかで名前を聞いたことがある人も多いはず。

特に、「ありがとう」に関する奇跡は、書籍の中で何度も語られています。

『ありがとうを2万5千回言うと涙が溢れ出し、5万回になると奇跡が起こる』

不平不満を言わずに「ありがとう」を唱えて過ごし続けると、神さまや運が味方についてくれるとのこと。

実際に著書の中で「ありがとう」の奇跡をいくつも語られています。そのため、「ありがとう」だけでも力強いパワーがあることがわかりますね。

アファメーションで奇跡を起こす

ハワイのホ・オポノポノも小林正観さんの「ありがとう」も、自分を浄化するアファメーションです。

アファメーションは、自分を肯定する前向きな宣言のこと。「私は日々豊かになっている」「私は毎日良くなっている」などのバリエーションがあります。

アファメーションは簡単にできて効果を実感できるメソッドです。だけど、潜在意識のパイプが詰まっている状態では、願望達成は難しいと考えられます。

奇跡を起こすには、まずはクリーニングすることがとても重要なのです。

ここで、ホ・オポノポノを実践したと語るヒューレン博士という方を紹介しますね。

ヒューレン博士は、精神に問題のある患者を抱える病院で働いていました。

治療法に悩んだ博士は、ホ・オポノポノを実践して、患者をすべて改善させたという驚きの経歴を持っている方です。

参考:あなたも魔法使いになれるホ・オポノポノ:ヒューレン博士へのインタビュー(1) 

ヒューレン博士は悩んでいる現状(患者に自分の治療法が効かない)を浄化させる意味で、ホ・オポノポノを使用して奇跡を起こしたとのこと。

4つの言葉はすべて必要ではなく、「愛しています」ひとつに集約されると、ヒューレン博士は語ります。

これらのことから、浄化させる言葉を繰り返し唱え続けることに意味がありそうです。

それは「ありがとう」だけでも問題はないですし、「愛しています」だけでも構わないのだと思います。

まとめ

ホ・オポノポノでクリーニングするやり方は、4つの言葉を唱え続けるだけです。

さらにひとつの言葉(「ありがとう」や「愛しています」)だけでも問題はないと考えられます。

願望達成に不可欠な潜在意識をクリーニングする方法は、人生を前向きにするエッセンスだといえそうですね

唱えることで、何か弊害が起こることもありません。潜在意識を活用してもなんの願望も叶わないと感じているときに、試してみる価値はあると思いますよ。

ちなみに、個人的には唱えなくても、耳で聞くだけでけっこう良いことがありました。特に、人から優しくしてもらえることが増えたんです。

今はYouTubeでスピリチュアル関連の音源があるので、気に入ったものを聞いてみるのもオススメ。

ちなみのこちらは、BGMと共に言葉が流れてくる動画です。作業中とか寝る前とか流しっぱなしにしています。

他にも、YouTubeにはいろいろな動画があります。検索してお気に入りの動画を見つけてくださいね。

Next Post Previous Post