塩まじないとは。悩みを書いて燃やすだけのおまじない

塩まじないという、「困っていることや消し去りたい要因を、紙に書いて塩を包んで燃やすだけ」の簡単なおまじないがあります。

手軽にできることから、ネットを中心にたくさんの人たちの間で実践されているんですね。

よく誤解されるのだけど、このおまじないは、「困っていることを消し去る」効果に期待できます。

決して、「~になりますように」という、希望を願う書き方はしないようにしてください。

塩まじないの方法

紙に困っていることを書きます。そして、その紙に塩を少し包んで燃やすだけです。

火を扱うので、できるだけ安全な場所で実践してくださいね。最後に燃えカスは、トイレや台所に流して処分します。

また、これらの方法が困難な場合は、トイレットペーパーで実行する方法もあります。

家族がいるから火は使えない、などの理由から、さらに簡略化された方法が、トイレットペーパーでの塩まじないです。

トイレットペーパーを使う

トイレットペーパーに悩みを書いて、塩を包んでトイレに流します。

こちらの方法はすごく簡単ですが、トイレットペーパーはとても書きにくいんですね。

そこでおすすめのやり方が、トイレに流せるティッシュを使う方法。

ティッシュのほうが、トイレットペーパーより、ちょっとだけ書きやすいんです。

ティッシュにマジックで悩みを書いて、塩を包んでください。そして、そのままトイレに流すだけです。

塩まじないの書き方

例えば

  • 連絡がこなくてつらい
  • 苦手なタイプに言い寄られて困っている
  • ダイエットが続かない
など。 難しく考える必要はありません。今のしんどい状況をそのまま書けばいいんです。

斜めうえの現象

ただ、この塩まじないというのは、どうも書き方によっては、思っていたのと違う方向へ向かうことがあるようです。

実践した人の体験には、以下のような結果があります。

気になる人からメールが来ないとまじなったら、気になる人のことがどうでもよくなった。痩せないと書いたら、体型のことが気にならなくなった、など。

書き方や実践した人の状況にもよるのでしょうが、それでもこれは、効果があるといえるのかもしれませんね。

塩の持つ不思議なパワー

塩には昔から浄化という意味合いで、さまざまな場面で使われてきました。

お葬式帰りに塩を体に振って身を清める、家の入り口に盛り塩をして、邪気を払い幸運を呼び寄せる。これらは塩の力に由来しているものです。

このような使用方法から、塩まじないというのは、悩みを消し去るために塩のパワーを使っているのではないでしょうか。

スピリチュアル好きの間で話題になっている盛り塩を、気軽に試せるセットが 100円ショップのセリア で販売されています。 セリアはいくつかの100円ショップの中でも、 ナチュラル系の雑貨 が多いので、女性からの人気が高いんですよね。 このセリアで買った盛り塩セットを、たまに玄関に置...

まとめ

おまじないは、基本は願いごとを託すもの。だけど、この塩まじないは、困難を消すための方法です。

そのため、書き方には注意しなければいけません。

だけど、書き方にさえ気をつけていれば、とても簡単にできるおまじないだといえるでしょう。

ぜひ、気軽に困っていることを紙に書いてみてください。

悩みを書いた紙が燃える様子は、見るだけでとても気分がスッキリしてきますよ。

ただ、くれぐれも火の扱いには気をつけてくださいね。

Next Post Previous Post

縁起の良い日に買ったり使い始めたりすると吉٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

2023年1月の一粒万倍日は5日、6日(天赦日)、9日、18日、21日、30日

【超・大金運法】あなたの風水にはココが欠けていた!

誰にも話せない悩みから開運方法まで

メールで気軽に相談OK(๑•̀ㅂ•́)و✧

ココナラメール占い