願いごと手帖とは。願望実現に向けて実行する方法

お気に入りの手帖を手に入れて、願望をどんどん書いていく。これが、願いごと手帖です。

少し拍子抜けするぐらい簡単だけど、この手軽さが受け入れられて、実践しているという声がたくさんあります。

ももせいずみさんという方が書かれた『「願いごと手帖」のつくり方』という本から、この方法が流行していきました。

手帖の書き方

大きい願望でも小さい願いごとでも、かなえたいことをたくさん書き出してください。

そうやって、望みを文字にしていったものが、願いごと手帖になります。

ただ、書き方のコツとして、そのときに感じた自分の気持ちを含めること。

例えば、「お気に入りの洋服を買う」ではなく、「お気に入りの洋服が手に入って幸せ」というふうに書いてください。

お気に入りの洋服が手に入ると、きっと幸せを感じるはずです。

その気持ちを一緒に書くことで、願いをかなえた状態がイメージしやすくなります。

イメージが潜在意識に伝われば、望みが現実化していくのです。

また、方法を限定しないことも、大事なポイントです。

「お気に入りの洋服を買う」と書けば、自分で購入するしかありません。

だけど、「手に入る」と書けば、誰かがプレゼントしてくれる可能性があるんですね。

書く手帖について

書いたあとの手帖は、そのまま放置して大丈夫です。定期的に見直す必要はありません。

新たに願いができたら、また手帖を開いて書く、ということを繰り返してください。

すると、たまに手帖を開いたら、「あれ、これいつの間にかなっていたんだろう」という状態になっているかもしれません。

手帖はどんなものでもいいですが、できれば気に入ったもの、もしくは書きやすい手帖がおすすめです。

お気に入りの手帖だと続けるモチベーションになるし、書くことも楽しくなります。

書くペンも、使い慣れたもので問題ありません。ただ、願望の種類によって色を分けすることは、おすすめの方法だといえますよ。

恋愛系ならピンク、お金に関することなら黄色など。

色を分けたりお気に入りのペンを探したりすることも、願いごと手帖を続けるための楽しめるポイントになります。

まとめ

願いごと手帖とは、誰でも簡単にできる願望実現の方法です。道具も、凝ったものや高価なものは必要ありません。

願望をかなえた状態をイメージできる言葉で書いて、あとは普通に過ごすだけ。

これは実践してみると分かると思いますが、願望をかなったように書くだけで楽しくなるんですね。

しかも、些細なことでも書き出してみると、本当にいつの間にか現実化していたということがあります。そうなると、モチベーションも倍増していくんです。

それに、願いを書くことは、ストレス発散にもつながります。

「最近ちょっと煮詰まってきたかも……」と感じたら、ぜひお気に入りの手帖に願いを書き出してみてくださいね。

良い気分転換になるはずですよ。


Next Post Previous Post

縁起の良い日に買ったり使い始めたりすると吉٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

2023年1月の一粒万倍日は5日、6日(天赦日)、9日、18日、21日、30日

【超・大金運法】あなたの風水にはココが欠けていた!

誰にも話せない悩みから開運方法まで

メールで気軽に相談OK(๑•̀ㅂ•́)و✧

ココナラメール占い